働く人のメンタルヘルス

凹みまくったメンタルをプラスに変えるアカウント。 人生の進む道に迷ってる人が大逆転できる講座を開催してます☀️ うつ病を克服し、海外事業展開中🌏

カロリー制限する危険性

【 カロリーばかり気にして食事制限すると体が悲鳴をあげる 】


タンパク質と脂質は常に、


作っては壊す


という代謝を行なっていることを

知ってますか?




例えば、

粘膜の表面は2〜3日

皮膚は約2週間


で入れ替わります。


だからタンパク質と脂質は常に十分な量を

摂らなくてはなりません。


特にタンパク質は体内に貯めておけないので

頻繁に摂らなくはならないのです。


不足すれば

代謝が悪くなり何か体調が悪くなります。


ビタミンやミネラルも不足すると同様に

体調が悪くなります。


食事、特に栄養に意識を向けないでいると

現代の食生活ではタンパク質や脂質が

特に不足して、自動的に体を壊す仕組みになって

いることになりますよね。

だからストレスで体を壊すのも環境のせいだけでは

ない、食生活も大きく関係するということに

なりますね。



正しいエネルギーの作り方

【効率の良いエネルギー源】



それは『 脂質 』



糖質エネルギー回路より

脂質エネルギー回路を多く働かせる!



⚠️そこで注意!!⚠️


パン、ご飯、お菓子などを

多く食べてれば、

糖質エネルギー回路が働き、

糖質ばかりエネルギー源として

使われて、脂質が使われなくなります。

だから
糖質を控えれば

脂質がエネルギー源として

使われるようになり、

脂質エネルギー回路が活発に働き

元気になり太りにくくなります。



その!

脂質エネルギー回路を働かせるには

・鉄分

・ビタミンB群

マグネシウム

などが必須です!


特に回路の最終段階でエネルギーを生む時には

鉄分の働きが必須です。



つまり!!



ビタミン、ミネラル不足では

効率的にATP(エネルギー)は作れない!



脂質の消化酵素になる
タンパク質不足では

脂肪消化酵素の機能が低下して、

脂肪の吸収が出来ない。




🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟




ってことは、、


低糖質

高タンパク質

高脂質


・・・のような食事に、

充分なビタミン、ミネラルを

摂取することがATPを作る条件になる。



ですが、
糖質過剰、ビタミン不足だと

効率の悪い糖質エネルギー回路だけになり、

その結果、

糖質を欲するようになり、

脂肪酸が使えなくなり、悪循環に陥る。


エネルギー = 脂質がベスト

【 燃費悪い糖質より脂質 】

体を動かす為のエネルギー!ATP!

主材料は、


グルコースブドウ糖


ブドウ糖がピルビン酸などの有機酸に分解。

※(ブドウ糖1分子からATPが2分子作られる)


・ピルビン酸がミトコンドリアに入り、

ビタミンBを使いながら

アセチルCoAになる。

🤔最終的には鉄を作りながら、ATPを38個作る。



脂肪酸(脂質の構成成分)


脂肪酸が直接ミトコンドリアに入り、

アセチルCoAになる。


ビタミンB浪費なし!

🤔ATPを最高129分子作る。



🤗🤗
脂肪酸は効率的なエネルギー!

😰😰
糖質はエネルギー代謝の効率が悪い。
ビタミン浪費


これって凄いですよね!





よく聞くATP

【心と体の土台のATP】


ちょっと専門的ですが、

ここだけはお勉強🖋



機械を動かすには電気やガソリンが必要!😊



人間も同じ!



『 ATP 』というエネルギー



これがないと体は動きません!



【 ATP=アデノシン三リン酸 】と

言います!



ATPは

エネルギーの

貯蔵(ためる)、

供給(あげる)、

運搬(はこぶ)。


この3つを仲介(橋わたし)をします。

とっても重要です!


体を動かす、

頭を使う、

呼吸する、

心臓を動かす、

食べた物を消化吸収する、

ホルモンを合成する、


何をするにも全てATPが必要!


ATPがあれば元気に過ごしていける!


と言っても過言ではないほど重要なんです。




エネルギー代謝の目的は必要に応じて、

このATPを作り出すことです。



私達が食べた物はエネルギー代謝によって

ATPに作り変えられ、体の中で

フル活用されます。



・・・ってことは!


【 質的栄養失調 】

糖質過多

タンパク質不足

脂肪酸不足

ビタミン不足

ミネラル不足


・・なので、

質的栄養失調な食生活を続けると、

エネルギー代謝が故障を起こし、

ATPが不足するという

大問題が起きます!😱😱😱😱

そうすれば心の病気、慢性疾患を
招く事になりますね!

だからATP不足にならないようにする事も
知っておかなくてはなりません!




ダイエットの前に慢性痛を解消

【慢性痛の解消してストレス解消】


突然ですが、

『 ビタミン、ミネラル摂ってますか? 』



普段の生活で、

白米、麺、パンなどを主食としている方は

ほとんどだと思います。


現代は糖質取りすぎ社会と言っても

過言ではありません。



糖質を主食としていると

かなりの確率でタンパク質が不足してると

言っても過言ではありません。



そして

糖質を摂り過ぎると

その糖質を分解する為に

ビタミンやミネラルを消費することを

どれだけの人が知っているでしょうか。



・・・糖質を摂り過ぎると

タンパク質

ビタミン

ミネラル

が不足するということになります。




そうすると、

質的な栄養失調がどんどん悪化して、

慢性的な病気を招きやすくなるということに

なります。



ここで誤解して欲しくないのが、

糖質を摂るな!ではありません。


控えめにしたり、考えて摂りましょう


ということです。


だから栄養補助食品って必要だなと
私は思っています。



知られていない鉄分不足

【まずは鉄分!】


日本人女性はほとんど鉄不足!

中学生以上の女性は月経により
鉄不足が起きやすいと言われています。

出産になると重度の鉄不足状態になるケースが
多いことに留意しなければなりません。


海外では鉄分を含む肉をたくさん食べる為
日本に比べて鉄不足は起きにくい環境にあると
言われています。


海外では鉄分不足問題が広く認識されていて
あらかじめ食品に鉄分を添加したり鉄分補給対策をしている国は50カ国以上あります。

栄養の必要性

これは

私の愛読書、藤川徳美さんの本に
書いてあった事で
シェアしたかったので書きますね。






【 薬を飲んでも、うつ病は治せない 】


・・・らしい(笑)



精神科の治療は
薬物治療が中心となり、

他に心理療法認知行動療法を行うのが
一般的と言われているようです。

医学部では慢性疾患の原因は
不明で治す方法はないと教えられて
いるようなんです。



心の病に対して、医師が行えるのは
病気の原因に対するアプローチではなく、

あくまでも症状をコントロールすることを
目的とした、【 対症療法 】ということ。



つまり心療内科の治療で目指すのは、
寛解であり、完治ではない。


薬の服用で症状を抑えていても
服用を止めれば症状はまた出る。

その為、10年20年飲み続けることになる。

新薬なら、10年の長期投与しても問題ないかを
確認する必要がある。



だから薬を飲んで満たされる体を作って、
長期投与を回避していかないといけないんですね。



って思ったんでシェアさせていただきました。